[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

>>理想のパートナーと出会うための充実の環境・サポートを実現<<

マッチングアプリ使用時の現実:期待と異なる出会いとその対策

マッチングアプリが一般的な恋愛の手段として定着している今、多くの人が「本当に出会えるのか?」という疑問を抱いています。本記事では、マッチングアプリの利用率や体験談を元に、マッチングアプリの現実とその使い方について解説します。

 

 

マッチングアプリの利用現状

マッチングアプリの普及は年々進んでおり、新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えたこともあり、恋活・婚活の手段として注目されています。実際、約2人に1人がマッチングサービスを利用した経験があり、マッチングアプリを通じて付き合い、結婚に至ったケースも少なくありません。

 

 

出会いの成功率

マッチングアプリを利用した結果、男女ともに約6割が付き合った経験があるというデータがあり、15%は結婚に至っています。これらの数字から、真剣に恋人や結婚相手を探している利用者が多いことが伺えます。

 

 

マッチングアプリ疲れ

一方で、利用者の約8割が「マッチングアプリ疲れ」を経験しており、その理由としては「好みの相手が見つからない」「同じようなメッセージのやり取りに面倒を感じる」などが挙げられます。

 

 

残念な体験談

  • 横顔イケメンに騙された:
    横顔の素敵な写真とメッセージの丁寧さに惹かれたが、実際に会ってみると写真とは別人だった。
     
  • 詐欺レベルの加工写真にがっかり:
    プロフィール写真と実際の姿が異なり、期待と現実のギャップに失望。
     
  • メッセージで相手の地雷を踏んで即終了:
    年下の男性とのメッセージ交換で、敬語を使い続けた結果、相手に距離を感じられ、やり取りが終了。

 

 

悲しい現実を回避するには?

  • プロフィール画像:
    全て自撮りの写真はナルシストに見えることがあるため、多様な写真を用いる。
     
  • 写真と現実の違い:
    プロフィール写真には最近のものを使用し、現実とのギャップを減らす。
     
  • プロフィールの誠実さ:
    相手によく見られたい気持ちはあるものの、プロフィールは誠実に作成する。
     
  • メッセージの質:
    内容が淡泊すぎると脈なしだと判断される可能性があるため、会話を広げられるような内容にする。

 

 

 

マッチングアプリの利用は、素敵な出会いを提供する可能性を秘めていますが、期待と現実のギャップや「アプリ疲れ」などの問題も存在します。成功率を高めるためには、プロフィール作成やメッセージのやり取りに工夫を凝らすことが重要です。

 

 

【真剣に結婚相手を探すなら有料アプリも】

>>有料マッチングアプリ解説はこちら

 

マッチング成功の秘訣、プロの写真撮影

一瞬の第一印象で、相手に興味を持ってもらうための秘訣は、プロの手による写真撮影です。

>>プロの撮影サービスの詳細はこちら

 

 

 

ウェルスマ 口コミ マッチングアプリ 写真 プロ マッチングアプリ 40代 女性 現実 マッチングアプリ 40代 男性 現実 マッチングアプリ 40代 体験談 マッチングアプリ まともな女性 特徴 マッチングアプリ まともな人はやらない マッチングアプリ やめとけ マッチングアプリ モテない人がやる マッチングアプリ 危険性 マッチングアプリ 50代 男性 現実 マッチングアプリ 40代 厳しい マッチングアプリ やめた方がいい女 マッチングアプリ 気をつけた方がいい女性 マッチングアプリ 男 やめ とけ 40代 出会い アプリ以外 マッチングアプリ 50代 やばい マッチングアプリ 40代 バツイチ マッチングアプリ 40代 女性 写真 マッチングアプリ 真面目な人 特徴 マッチングアプリ 現実 マッチングアプリ 30代 男性 現実 婚活 40代 男性 現実 マッチングアプリ まともな人 特徴 マッチングアプリ 40代 無料 マッチングアプリ 会わない方がいい人 40代バツイチ女性 モテ る 40代50代マッチングアプリ マッチング アプリ 50 代 やばい 40代 既婚者 出会い マッチングアプリ 40代男性 マッチングアプリ 写真 男 ブサイク マッチングアプリ 自分の写真 何枚 マッチングアプリ 写真なし ブサイク マッチングアプリ 男 ブサイク マッチングアプリ 顔写真なし 男 作者プロフィール
© 2024 マッチングアプリ rss